首まわりのポツポツが気になる!自分でどうにかできるの?

 

首やデコルテなどの”イボ”を皮膚科ではなく、自分でどうにかしたい!

 

のであれば3つの方法があります。

 

対策@:ハサミ、ピンセットで切る

 

痛い(涙)ですし、素人がやる行為ではないです。

 

失敗する可能性が高いため、おすすめしません。

 

方法A:オリーブオイルを塗る

 

首やデコルトのイボの改善法の一つに、お肌の新陳代謝を促進する方法があります。

 

オリーブオイルに含まれる、リノール酸やオレイン酸は皮膚の老化予防に良いといわれていますが、

 

実際のところは効果があるとは言えません。

 

方法B:首イボ向けの化粧品

 

首やデコルテ・顔・腕などのイボ・ボツボツ対策向けのジェル&クリームです。

 

確実ではないですが、値段も安く、返金保証ありのジェルもあるため、おすすめです。

 

おすすめの首&顔イボケアのジェルランキング

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

 

疑問Q&A

 

デコルテのイボが気になる人

 

老人性いぼの原因は?※どうして首回りにできるの?

 

シミになっている部分が盛り上がって吹き出物のようになるのが老人性いぼです。特に首に多く発生することで知られています。老人性いぼという名前ですが、最近では20代の女性にも多くみられています。年齢を重ねると出てきてしまうものだとあきらめてしまいがちですが、顔や首回りだけでなく体のあちこちにもできてきますので原因を明らかにして対処することが予防にもつながります。

 

専門家からは若いころから浴びている紫外線が原因なのではないかという意見があります。不規則な生活をしていたり、ストレスをためたり、脂っこい食事を込んでいることが原因という人もいて原因は特定できていないというのが現実です。脂漏性角化症と呼ばれており、日光の多く当たる部分には多くできていることが指摘されています。皮膚の色と変わらないものから茶褐色、黒色まで変化し、かゆみがあったり隆起してくるものなど様々です。ほくろと勘違いをしたり、皮膚がんの初期症状と見分けがつかないなど判断が難しい症状でもあります。

 

どうして首回りにできるのかというとスカーフやマフラーなど摩擦が起きやすい部分であり、日焼けをしやすい部分で顔は化粧品で体は洋服で保護されているのに比べ、比較的刺激を受けやすいからだと考えられます。

 

 

 

首回りの老人性イボはレーザー治療でとれる

 

歳をとるとどうしても代謝が落ちていってしまい、肌の新陳代謝もスムーズにいかなくなります。

 

そのために引き起こされる症状は様々ですが、その中の一つが首回りにできるいぼです。
皮膚の老化現象の一つである首回りのいぼは、老人性いぼといいます。

 

原因として大きいのが、紫外線による影響です。

 

紫外線を浴びることで皮膚の表皮にメラニン色素が作られ、紫外線のダメージを阻害します。通常ならこのメラニン色素はターンオーバーによって除去されますが、
新陳代謝が衰えることでメラニンがたまっていき、シミや角質が厚くなり膨らんでいぼになることで肌に残ってしまいます。

 

老人性いぼは良性腫瘍のため、そのままにしていても問題はないとされています。

 

しかし、気になるという人も多いと思いますが、その場合には皮膚科で治療することが可能です。

 

レーザー治療を行って取ることができ、レーザーを照射することによって熱エネルギーを発生させて、いぼを蒸散蒸発させることで患部を切除していきます。

 

痛みはほとんど感じず、一回の治療で根本治療が可能です。傷の治りも早くコンプレックスをすぐに改善できます。

 

しかし、治療を行う前にまずは予防することが大切です。
紫外線対策やスキンケア、生活習慣などをきちんと行うことで予防することを心がけます。

 

 

 

ヨクイニンの効果と副作用を解説

 

ヨクイニンとは、ハト麦の皮をむいた部分を生薬としたものです。

 

一般にポピュラーな「ハト麦茶」でもその成分は十分に補給できるのです。肌荒れ・乾燥・吹き出物といったトラブルを改善したり、
首にできた治りにくい小さいイボがとれたり、という効果がよく知られています。近年では化粧水に成分が配合されたり、漢方薬やサプリメントとして手軽に摂取するこもともできるようになっています。

 

前述のように、肌のコンディションの改善、その維持には大きく効果を発揮しますが、ヨクイニンには副作用もあります。

 

まず、小麦などのアレルギーがある人は注意が必要なのです。蕁麻疹や発疹、胃のむかつきや、お腹を下すというような不調が発生する可能性がありますので、

 

始めて飲むときには少量から様子を見て摂取しましょう。また、日常の摂取の方法としてノンカフェインであり飲みやすいスタイルのハト麦茶ですが、

 

これも飲み過ぎると体を冷やしてしまうという「麦」としての作用があります。よって、冷え性で悩む方は飲む量やタイミングをしっかりと考えて取り入れていきましょう。これらの副作用の観点からも、
冷え性や妊娠中の方、これから妊娠を考えている方は医師と相談してみることも大切でしょう。